TOP >  DVD教材 > 口腔外科・麻酔 > 新・歯科における鎮静法! ~深過ぎず、浅過ぎず、患者さんを治療に適した状態に導く新たな方法~

「先生は、アメリカと韓国で主流の鎮静法をご存じですか?」なぜ、この鎮静法だと、麻酔科医を呼ばなくても、特別な器具がなくても、低コストで、患者負担の少ない鎮静麻酔ができるのか?誰でも入手できる薬を用いて、患者さまを良好な状態に導き、より安全にオペができる「非観血的鎮静法」とは?麻酔深度が深くならず、オペ中は患者さんが先生の指示に従ってくれるので、手術時間が短くなり、術者側のストレスも軽減できます…

し、先生が以下のように悩まれたことがあるのならば?

「鎮静のメリットはわかっているが、麻酔科医を呼ぶことが状況的に難しい」
「血圧や高年齢のリスクがあるのに、コストをかけずにオペしなければならない」

今からのお話は重要です。

なぜなら、まだ、国内では学べる機会の少ない、麻酔科医を呼ばず、
コストをかけずに鎮静できる「非観血的鎮静法」について、
その詳細をお伝えする準備が整ったからです。

「患者さんへ、痛みや恐怖を感じさせずにオペを終了したい」
「痛みを忘れてもらうことで、患者さんに感謝されたい」

と思われたことがある先生にとって、今回のご案内は、
まるで「コロンブスの卵」のような発見をもたらすことでしょう…

(株)医療情報研究所 黒川和明

もし、血圧の高い患者さんにオペをすることになったら…

鎮静麻酔が必要であることは、先生もよくご存じだと思われます。

しかし、国内の多くの歯科医院では、インプラント等の外科処置において
局部麻酔だけで、鎮静麻酔には取り組まれていません。

それは仕方のないことと言えるでしょう。

鎮静麻酔で代表的なものは、静脈麻酔と笑気麻酔になりますが、笑気麻酔は、
専用の機材が必要となるだけでなく、鎮静で使用している濃度では、
効果に乏しいことは使われた方にはよくわかる経験だと思います。

また、本来ベストとされ、効果も管理も完璧に、期待できる静脈麻酔をしようとなると、
基本的にご自分で行われる先生は少なく、管理を麻酔科医に、
任せるいらっしゃる方が多いと思います。

しかし、自由診療のインプラントなどで、麻酔科医を呼ぶと、
5万円以上のコストがかかるため、必要なケースに、
使えないで悩んでいられる方がほとんどだと思います。

もし、先生が地方で開院なされているのであれば、
どこに頼んで良いかもわからず麻酔科医を呼び難いという、問題も考えられます。

とはいえ、高血圧の患者さんや、ご高齢の患者さんへ
安全にオペをするには、鎮静麻酔をした方が良いのは確かです。

また、先生はご存じでしょうか?

世の中の多くの方が、歯科治療に恐怖を感じられており、
鎮静を求める患者さんの潜在的ニーズは非常に高いことを…。

歯科治療時の恐怖感
“Dr.Sim :AAID Korean Maxyコース講義資料より”

つまり、もし、先生の医院で、鎮静麻酔を効果的に取り入れることができれば?

先生は、歯科治療を怖がる患者さんをターゲットにできますし、
治療後は、患者さんから、これまでにない感謝が得られます。

もちろん、術中の先生のストレスが軽減されることは、言うまでもありません。

「とはいっても、鎮静麻酔は現実的な問題が…」と思われたのであれば、ご心配なく。

なぜなら、麻酔科医を呼ばず、コストをかけずに鎮静できる
「非観血的鎮静法」が、存在するからです。

その鎮静法とは「経口鎮静麻酔」です。

インプラント先進国のアメリカと韓国で主流の「経口鎮静麻酔」とは?

先生も「経口鎮静麻酔」について、耳にしたことがあるかもしれません。

簡潔に申し上げますと、薬品を口から摂取し、鎮静作用を得る鎮静法です。

日本で取り入れている医院は、ごくわずかですが、
日本よりも麻酔科医の数が少ないのに、インプラント先進国である、
アメリカや韓国では、すでに「経口鎮静麻酔」が主流となっています。

韓国での鎮静対処法
韓国での鎮静対処法
“Dr.Sim :AAID Korean Maxyコース講義資料より”

なぜなら「経口鎮静麻酔」には、以下のメリットがあるからです。

  • 麻酔科医を呼ぶ必要がなく、コストがかからない
  • 笑気麻酔のように、特別な機材が必要ない
  • 針、シリンジ、機械などの投与器具が必要ない
  • 投与のための特別な技術が必要ない
  • 鎮静作用の調整性が高い
  • 処方箋さえあれば、誰でも入手できる薬剤を用いる
  • 患者負担が少ない
  • 薬の投与が容易であり、患者さんが拒否感を感じにくい
  • 麻酔深度が深くならず、オペ中は患者さんが先生の指示に従ってくれる
  • 術中のバイタルサインの記録やチェックはスタッフに任せられる

具体的に、どういった処置を施すのか?

今回お伝えする「経口鎮静麻酔」を実施するポイントは3つ。

1、患者さまの特徴にあわせて、薬品の種類、分量を決定する
2、治療1日前の晩と、治療直前に薬品を服用していただく
  (術中に投与することは2時間程度の治療ではほとんど行わない)
3、鎮静作用が強くなりすぎたら、専用の薬品で作用を調整する

つまり「経口鎮静麻酔」を実施するには、
どの薬品を、どの分量、どのタイミングで服用していただくかを知ること。

使用する薬品は、処方箋があれば、どこでも手に入りますし、
特別な機材、器具、技術は必要ありません。

もちろん、麻酔科医を呼ぶ必要もありません。

さらに、麻酔深度が深くならないように計算しておこなっていますので、
オペ中は患者さんが先生の指示に従ってくれますし、
バイタルサインの管理やチェックはスタッフに任せていけます。

今回の「経口鎮静麻酔」を取り入れれば、患者さんは、静脈鎮静麻酔と同じように
不安感をほとんど感じず、ゆったりした気持ちでオペが受けられます。

治療を受けたかどうかさえ覚えていない、といったケースも珍しくありません。

でも、鎮静効果が発現するまでに、時間がかかるのでは?

確かに、薬を飲むかたちだと、鎮静効果が発現するまでに、
60分はかかると言われており、
今回の投薬方法も1日前や1時間前に薬を飲んでいただきます。

静脈鎮静麻酔だと、約1分で鎮静効果が発現すると言われていますから、
とても時間がかかるように思えます。

しかし、今回お伝えする「経口鎮静麻酔」は、一部の薬品を舌下投与するため、
その場合には直接的に血管へアプローチでき、鎮静効果が発現するまで、
約3分という時間が測定されています。

つまり、患者さんが来院してから麻酔の効果判定を行なって
麻酔薬を追加することができ状態を見てからオペに取り掛かかれるなど、
より安全を考慮しています。

このように、非常に優れたメリットがある「経口鎮静麻酔」ですが、
インプラント先進国であるアメリカや韓国では主流であるものの、
日本では、まだ、それほど広まっておりません。

その理由は、国内で学べる環境が整っていないことがあげられます。

「経口鎮静麻酔」を学ぼうと思えば、
アメリカや韓国のコースを受けなければなりません。

「そんな時間はない」と思われた先生へ、嬉しいお知らせがあります。

今回、韓国の著名なドクターであるSIM先生から「経口鎮静麻酔」を学び、
すでに日常臨床で実践している袋先生より、
「経口鎮静麻酔」の方法を講義していただけるようになりました。

医療法人晃仁会理事長 袋一仁先生

袋一仁先生

明治36年開業110年の「フクロ歯科医院」4代目院長。
アメリカ唯一のインプラント学会AAIDのマキシーコースへ1年半がかりで参加し、アソシエイトフェローの資格を取得する。(日本には、まだ20数名しか有資格者がいない)

【略歴】
群馬県立前橋高等学校卒業 東京歯科大学卒業
東京歯科大学大学院歯内療法講座
歯学博士

【講師歴】
東京歯科大学歯科保存学講座非常勤講師
前橋准看護学校講師
京セラインプラントセミナー講師(再建歯学研究所)
【所属学会】
日本歯周病学会
日本臨床歯周病学会
日本口腔インプラント学会アクティブメンバー
【メディア出演歴】
デンタルダイヤモンド、アポロニア

今回の講義では、先生が「経口鎮静麻酔」を実施する上で必要な
以下の知識がすべて手に入ります。

  • 鎮静麻酔全般の知識
  • 経口鎮静麻酔を実施する上で必要な知識
  • 具体的な経口鎮静麻酔の方法
  • 経口鎮静麻酔における、バイタルサインの管理
  • 禁忌症や、患者タイプに合わせた処置
  • カルテの作成、同意書の作成内容
  • 治療費の支払い時期および方法

国内で「経口鎮静麻酔」を学べる機会はほとんどありませんし、
マニュアルも存在しません。

ぜひ、この機会に「経口鎮静麻酔」を学び、よりよい治療を目指して行きませんか?

今回先生が学べる知識、技術内容の一部をご紹介すると…

麻酔科医を呼ばなくても、特別な器具がなくても、低コストで、患者負担の少ない鎮静が可能になる「経口鎮静麻酔のすべて」

【歯科における鎮静麻酔 ~基礎理論~】

【歯科における経口鎮静麻酔 ~基礎理論~】

【歯科における経口鎮静麻酔 ~使用する薬について~】

【歯科における経口鎮静麻酔 ~患者モニター装置~】

【歯科における経口鎮静麻酔 ~患者の全身状態の評価~】

【歯科における経口鎮静麻酔 ~経口鎮静麻酔のやり方~】

もし、先生が「経口鎮静麻酔」を使いこなせるようになれば?

先生は、高血圧やご高齢の患者さんへ、もっと安全、快適にオペできるようになります。

もちろん、麻酔科医を呼ばなくても、コストをかけずに…。

それだけではなく、以下の患者さんにも、安全で質の高い治療を提供できます。

  • 歯科治療を怖がる人
  • 嘔吐反応が激しい人
  • 過去に局所麻酔がよく効かなかった人
  • 痛みに敏感な人

歯科治療に恐怖を感じている患者さんや、これまでの治療で感じた苦痛や、
麻酔で嫌な思いをしたことがある患者さんはたくさんいらっしゃいます。

「経口鎮静麻酔」を使いこなせるようになれば、
そのような患者さんを、先生の医院へ呼び込めるようになるのです。

ぜひ、患者負担の少ない、この鎮静法を手に入れて、
今まで以上に患者満足度を高め、もっとたくさんの感謝を得られるようになりませんか?

そして、治療の質を武器に、新しい患者を医院に招きませんか?

もし、先生が今回のお話に共感していただけたなら幸いです。

「経口鎮静麻酔」のすべては、DVDに収録してお渡しいたしますから、わからないところは、何度でも復習していただけます…

「経口鎮静麻酔」は、先生にとっても、新しい分野だと思われます。

ただでさえ、歯科麻酔学と歯科薬理学は、臨床としての学ぶ機会が多くありません。

ですから、今回の「経口鎮静麻酔」を習得しようと思えば、
じっくりと腰を据えて学べる環境が必要だと思いませんか?

また、鎮静作用の高い薬品を取り扱うわけですから、
不確かな判断で処置は進められません。

「このケースでは、どうすれば良かったかな?」というとき、
すぐに正しい答えを導ける環境も必要だと思われます。

なので、今回、袋先生の「経口鎮静麻酔」における講義のすべてをDVDに収録し、
ご自宅でも、院内でもご覧いただけるDVD教材として、ご用意させていただきました。

このDVD教材があれば、先生は、空いた時間で、
じっくりと「経口鎮静麻酔」が学べます。

わからなかったところは、何度でも見直せますし、
日常臨床で判断に迷ったときは、もう一度DVDを見ることで、疑問を解決できます。

ぜひ、今回のDVD教材を手に入れて「経口鎮静麻酔」を確実に習得してください。

また、今回も、先生に特別な条件をおつけいたしました。

「本当に、納得いく内容なのか?」と思われた先生へ、60日間全額返金保証をおつけします!

「もしかしたら、もう、知っている内容ばかりかもしれない…」
「内容を理解できるか不安だ…」
「期待にそえる、教材なのか?」

など、思われた場合もご安心ください。

今回のDVD教材を購入していただく上で、先生にリスクはありません。

なぜなら、DVD教材の内容にご納得いただかなければ返金させていただくからです。

60日間、じっくりと、DVDをご覧いただき、
先生の選択が正しかったかどうかをご判断ください。

送料も、返金振込料も、当社が負担させていただきます。

返金保証がついている、歯科医師向け教材なんて、ほとんどありません。

これは、当社がリリースするDVDへの自信そのものです。

安心の60日間返金保証

DVDを手に入れる上で、先生にリスクはありません。

国内では学べる機会がほとんどない「経口鎮静麻酔」を、

  • 自宅で何度でも学べるDVD形式
  • 60日間 全額返金保証
  • 特典冊子(総義歯臨床のテキスト)つき

という圧倒的にお得な条件にもかかわらず、
特別価格で手に入れられるのは今回だけです。

ただし、注意点があります。

DVDですので、今回、ご用意させていただいた在庫には限りがございます。
(残り50個)

ご興味を持たれましたら、今すぐお申込みください。

新・歯科における鎮静法! ~深過ぎず、浅過ぎず、患者さんを治療に適した状態に導く新たな方法~ 麻酔科医を呼ばなくても、特別な器具がなくても、低コストで、患者負担の少ない鎮静が可能になる「非観血的鎮静法」

新・歯科における鎮静法! ~深過ぎず、浅過ぎず、患者さんを治療に適した状態に導く新たな方法~DVD
DVD3枚組+特典冊子+60日返金保証

今なら60日間の全額返金保証つき!
内容に満足しなければ、全額返金いたします。

50名様限りの特別価格


新・歯科における鎮静法!DVD お申し込み

在庫がなくなり次第、販売終了となりますので、
あらかじめご了承ください。

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

FAXでのお申し込みの方はコチラ

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティーシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティー強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの時に個人情報の漏洩は一切ありません。

6つの安心お届け

今なら、特典冊子をプレゼント!

特典冊子
“ここでしか手に入らない、テキスト教材です!”【108ページ】

DVD教材に収録された「経口鎮静麻酔」のすべてが
テキストにまとめられたファイルをお渡しします。

このテキスト教材にメモを取りながらDVDを見ることで、先生は、より速く、
「経口鎮静麻酔」を理解し、明日からの臨床で実践できるようになります。

本来であれば、アメリカや韓国に行かなければ「経口鎮静麻酔」は学べません。

さらに、国内にマニュアルも存在しませんから、
「経口鎮静麻酔」が学べるこのテキスト教材は、とても貴重です。

今なら60日間の全額返金保証つき!
内容に満足しなければ、全額返金いたします。

50名様限りの特別価格


新・歯科における鎮静法!DVD お申し込み

在庫がなくなり次第、販売終了となりますので、
あらかじめご了承ください。

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

FAXでのお申し込みの方はコチラ

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティーシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティー強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの時に個人情報の漏洩は一切ありません。

Q&A

Q、特別な機材、器具が必要な技術ですか?
必要ありません。今回お伝えする「経口鎮静麻酔」は笑気麻酔のような特別な機材や、針、シリンジなどの投与器具を必要としません。(笑気麻酔やモニター装置などインプラント手術などに必須な一般的な管理器具は持っていることを推奨いたします)
Q、使用する薬品は、どこで手に入れられますか?
DiazepamやToriazolamなど、処方箋があれば、どこでも手に入る薬品です。(ただし医院での管理が必要です)
Q、鎮静作用が強くなりすぎたときの対処法は収録されていますか?
収録されています。Flumazenilという薬品を適切に使用すれば、万が一、鎮静作用が強くなったとしても、調整が可能です。具体的な方法は、DVDをご覧ください。
Q、教えられたことは、すぐに取り組めますか?
取り組めます。先生がこのDVDに収録されている内容を実践するのに時間は必要ありません。必要なのは、十分に症例を選んでいただきさえすれば問題は起こりにくいと思います。このDVDで手にする情報は、非常に再現性と実践性に優れた治療技術です。
Q、返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか?
もちろん、大丈夫です。先生が教材の内容を60日間実践されて、結果がまったくでなかった場合は、何度ご覧いただいた後でも、理由を問わず、全額返金いたします。
Q、インターネットでの申し込みが不安です。
もし、先生がインターネットでのお申込みに対して、不安をお持ちならご安心ください。お客様のウェブブラウザとサーバ間の通信はSSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。

もし、それでも「やっぱり心配だ…」というあなたのために、
ファックスでのご注文(代金引換)も承ります。

今なら60日間の全額返金保証つき!
内容に満足しなければ、全額返金いたします。

50名様限りの特別価格


新・歯科における鎮静法!DVD お申し込み

在庫がなくなり次第、販売終了となりますので、
あらかじめご了承ください。

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

FAXでのお申し込みの方はコチラ

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの時に個人情報の漏洩は一切ありません。

追伸

最後に、重要なことをお伝えします。

今回の「経口鎮静麻酔」が、どれだけ先生の日常臨床に役立つかは、
すでに、先生もご理解いただけたことでしょう。

しかし、先生は、「たしかに、今回の技術に興味はあるが、前に、
他社の技術系セミナーに参加して、がっかりした経験がある」
と思われているかもしれません。

その気持ちはよくわかります。

勉強熱心な先生であればあるほど、技術系のセミナーに参加すれば
「あぁ、この技術はもう知っている」と、思われることも多いでしょう。

私もこれまで、勉強のために技術系のセミナーへ何度も参加しましたが、
「これって、基本的な内容じゃないの?」とがっかりした経験はあります。

当社は、先生をがっかりさせるような会社になりたくはありません。

ですから、当社の教材は、講師の先生を厳正に選出しており、
実績と証拠のあるノウハウ以外は紹介しないよう、
社内に厳しいルールを敷いております。

もちろん、今回、ご紹介さし上げた袋先生の技術は、
その効果を証明できる実績がありますから、先生の期待を裏切らない内容であることは、
言うまでもありません。

しかし、教材販売の分野には、わずかですが誠実ではない方もいらっしゃいますから、
先生が、DVDの購入を躊躇されるお気持ちはわかります。

なので、先生が、リスクなく今回のDVDを手に入れられるよう、そして、
DVDの内容が満足行くかどうかを確かめられるよう、今回のDVD教材にも、
返金保証をおつけしいたしました。

当社の目的は、先生に優良な情報を提供し、実際に結果を得ていただくこと。

DVDの内容を見て、万が一ご納得いただけなかった場合、当社にご連絡ください。

ご購入日から60日以内であれば、喜んで、お預かりした金額をすべてお返しいたします。

返金保証がついている、歯科医師向け教材なんて、ほとんどありません。

これは、今回リリースするDVD教材への自信そのものです。

ぜひ、この機会に、DVDを手に入れて60日間、じっくりお試しください。

さらに、在庫50個がなくなり次第、今回の特別条件での販売は終了いたします。

もし、お悩みならば、今すぐお申込みください。

もちろんFAXでもお申込み可能です。

今なら60日間の全額返金保証つき!
内容に満足しなければ、全額返金いたします。

50名様限りの特別価格


新・歯科における鎮静法!DVD お申し込み

在庫がなくなり次第、販売終了となりますので、
あらかじめご了承ください。

VISA/MASTER/JCB/DAINER/AMEX

クレジットカードは分割払い・リボ払いもお選びいただけます。
※クレジットカードによって、一部ご利用いただけない方法があります。

翌日出荷サービス開始
(※ ただし、土・日・祝日は除く)

FAXでのお申し込みの方はコチラ

※ この商品のお申込みフォームは、世界でもトップレベルである、ベリサイン社のセキュリティシステムを利用しており、個人情報保護、セキュリティ強化のため、SSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの時に個人情報の漏洩は一切ありません。

PAGE TOP