なぜ、今、使用している治療技術を変えることなく顎関節症、義歯、インプラント、嚥下障害、矯正などの難しい症例で、治療効果がアップするのか?

もし短時間で
CR修復ができたら…

もし、今までより2倍速くCR修復ができるようになったら、どうでしょうか? これまで30分かかっていたCR修復が、たった15分で完了するということです。

しかも、治療時間が短くなるだけではなく、よりすばらしい審美性を提供できるようになったら? 先生のクリニックには、少なくとも3つの変化が訪れるでしょう。

先生のクリニックに
訪れる3つの変化とは?

1つめの変化は「銀歯症例の減少」。短時間で審美性の高い保険のCR修復ができるようになれば、先生のクリニックで銀歯を選ぶ人は大きく減ることでしょう。

つまり、歯科医療的に、より患者利益の高い治療を提供できるようになるのです。2つめの変化は「クチコミによる増患」。患者ニーズが高いのに、多くの歯科医院が保険のCR修復に積極的ではありません。

つまり、保険のCR修復ですばらしい実績を積み上げれば、先生のクリニックは、他院がマネできない技術を武器に増患できます。3つめの変化は「保険のCR修復が採算の合う治療に変わる」こと。

CR修復の治療時間が半分以下になれば、保険のCR修復が、やればやるだけ利益になる採算の合う治療に変わります。また、保険のCR修復で採算を合わせることは、近年著しいパラジウム合金の価格高騰に対するひとつの策にもなりますよね。

若い先生は、
すでに動きはじめています

数年後、新たに開業するクリニックのほとんどが「銀歯はやりません」「保険で優れたCR修復をします」と主張する時代になるかもしれません。だからこそ、審美性が高くて、保険でも採算の合うCR修復を習得するならば、今がベストタイミング。

今回、CR修復の第一人者として知られる「宮崎真至」先生を講師に迎え、これまでの2倍のスピードで審美性の高いCR修復をする技術が学べるDVDを制作しました。

宮崎 真至先生

宮崎 真至先生

CR修復の第一人者として知られる日本大学付属病院の病院長。臨床家、講師、研究者として活躍。若手向け卒後研修プログラム「30under30」では、世界レベルの歯科医師として登壇する臨床家4人のうちの1人。

実演!歯科PNFマニュアルDVD

追伸

12月17日(月)12:00にお申し込み専用ページをご案内しますので、
今しばらくお待ちください。