絶対に信頼されるカリエス治療とは…

われわれ医師としては、虫歯を削り、そこから再発した虫歯をまた治療し、次には神経を抜き、最終的には抜歯するという悪化のサイクルを、少しでも遅らせたい。

どうしても悪くなったら、最後に神経を抜けばいいわけで、その前にワンステップ踏む余地があるなら、そのワンステップを踏むべきなのです。

先生も、この考えには賛同いただけるのではないでしょうか?

このドクターは、このようにもおっしゃっています。

患者数が減少し、意識の高い患者さんが増加しています。そんな中、患者さんが満足する治療を提供できないと、他院に移ってしまいます。

すると、「どうしてすぐ取れたのか?」といった行き届いていない治療はすぐにばれます。だからこそ、しっかりやっていれば、患者さんは絶対に来ます。

先生方は、抜歯、ブリッジ、インプラントなど、最後のことを勉強することが多いように思います。

しかし、その患者さんにとって一番大切なのは、イニシャルトリートメントではないでしょうか?

今の医療制度では、削ることから離れられず、どんどん悪くなっていきます。削りすぎたために良いセメントも使えず、すぐにまた虫歯になります。

確かに、2年経てば同じところに被せ物はOKとされていて、患者さんはリピートするかもしれません。

しかし、良い治療を施せば、すぐにリピートということはありませんが、万一悪くなったときには必ず戻ってきてくれます。それが、医療に対する信頼というものではないでしょうか?

ほとんど削らず、治療するには?

このドクターの名前は「内山徹哉」先生。MI治療において多くの臨床経験を持つスペシャリストで、臨床家としてだけではなく、講師としても多くの発表、執筆実績を持ちます。

内山先生は、患者さんに、10年先も笑顔で通ってもらえるような治療を目指しています。

そして、そのためにできることは、「極力、削らない治療」だと信じ、カリエス治療におけるある技術を極めました。

それは、接着治療です。

「それはいいと思うよ。でもねぇ…」

ひょっとしたら、そう思われたかもしれません。確かに、接着治療は技術発展が著しく、各社が次々と新たな材料やマテリアルを開発しており、何をどのように学べばよいか悩ましい分野です。

しかし今後、こうした治療を求める患者さんが増えていくのは必至。この過渡期をどう捉えるかが、今後の医院経営においての分かれ道ではないかと、我々は考えます。

実は今回、歯をほとんど削らずに、二次カリエスや術後疼痛、補綴物の脱離が防げるだけではなく、高い審美性と予知性で、患者さんを満足させる「接着治療」技術を収録したDVDを企画しました。

講師はもちろん、内山先生です。

「最新情報に基づいた臼歯部の接着治療の技術」を豊富な治療映像で解説しています。さらに、各社が次々に開発している材料やマテリアルについても詳しく教えていただきました。

DVDに関する詳しい情報は、8月17日に改めてメールを差し上げます。

お盆明けになりますが、どうぞご期待ください。